あしあと。

重い話から軽い話まで 体験をもとにつづります

正確な診察を受ける オススメ方法1つ

\よかったらシェアしてください/

 

病院へ行く前に、ちょっとの工夫


病院に行く時、

特に初めての病院に行く時は緊張しますよね。


症状がうまく説明できなかったり

いつから悩んでいるか聞かれて

「だいぶ前から……」など

あいまいにしか答えられなかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

お医者さんとの相性も気になるものです。


そんな時

私が実際におこなって、

色々良かったなと感じた1つの方法を書かせてください。


難しいことではないですし、

診療もスムーズになるのでオススメしたいです。

 

メモをもっていく


それは、あらかじめ症状や気持ちを書いたメモを作り持っていくことです。


問診票の記入に時間をとったり

質問したかったことを忘れてしまったこと、ありませんか。


前もってまとめておけば、それを渡すだけで済んで

時間短縮になりますし安心です。


聞き間違い、言い間違いなどによる誤解を避けることもできます。


また、そのメモをどう扱うかで

いいお医者さんかどうかわかることもあると思います。


私は一度主治医を変えていますが、

以前の主治医は

メモを受け取って軽く見た後

机の上に投げるようにして置いて

きちんと読んでくれた様子が感じられませんでした。


今の主治医は、

軽く目を通した後コピーを取って

その後ゆっくり読んでから

メモを元に、詳しく聞きたい部分を掘り下げていく形をとってくれました。


どちらがきちんと向き合ってくれそうか、わかりますよね。

 

何を書くか


そんなメモに書いておいて役立つことは


  自覚症状
  いつから悩んでいるか
  困っていることと、どうしてほしいか
  不安なこと、気になること
  病歴
  いま飲んでいる薬
  アレルギーなどの体質について
  他にかかっている病院


かな、と思います。


一度自分で文章にしてみることで

疑問点や気持ちを整理することができるので

その点からもオススメです