あしあと。

重い話から軽い話まで 体験をもとにつづります

自宅で受けられる英検(TOEIC)? 体験談とオススメ

\よかったらシェアしてください/

自宅でもいつでもオンライン受験

 

  この記事は、こんな方向け

  英語能力を証明するものがほしいけど、試験を受けに行くのが難しい

試験会場が遠い・外出が難しい・忙しくて時間がとれないなど理由は様々です。

  履歴書に書けるようなしっかりした証明がほしい

いつどこでも受験でき、履歴書に添付できる証明書までもらえるテストがあります。

  運営元の信頼できる証明書がほしい

ここでは、広く知られている 英検(実用英語検定)の運営元である
公益財団法人 日本英語検定協会 が基礎開発をしたサービスについてだけ書きます。

管理人も受験しました!

  英検の級位やTOEFL・TOEICのスコアを知りたい

英検、TOEFL、TOEICに置き換えると級位・スコアはどのくらいかも証明書に載せてもらえます。

 

  急いでいる方は、目次から気になる項目に飛んでみてください。

 

まえがき

日本で英語能力を証明する時に選ばれる資格は様々です。

しかし、指定日時指定会場へ行き試験を受けることが必要になります。

一般受験の場合、

会場が遠すぎることもありますし、

日時の都合がどうしても合わない人もいるでしょう。

英語能力の証明がすぐ必要なのに、そのタイミングで試験が実施されていないこともあると思います。

 

私もそのような感じで、

英語能力試験を自宅で受けられないか調べました。

そうしたら、

オンラインでいつでもどこでも受けられる英語能力テストがある

と知ったのです。

しかも、

  テストの基礎開発元は「英検協会」

  英検TOEFLTOEICだとどのくらいかを知ることもできる

  証明書が発行される

  結果即時に分かる

とのことで、

利便性だけでなく信頼性も高いことが分かり、受験しました。

 

ここでは、自分の体験をもとに

そのサービスのメリットやデメリットをお話ししてみようと思います。

情報は、2019/04/23現在のものです。

(管理人の体験談のみ、2018/08/29のもの)

 

オンライン受験サービス CASEC

私が選んだのは「CASEC(キャセック)」という

オンライン受験できる英語コミュニケーション能力判定テストです。

 

所要時間と費用

平均試験時間は40~50分。

受験費用は1回につき税込3,600円。

 

費用の比較として、

英検は級位によって金額が違うのですが、

私が当時受けたかった2級の検定料は税込6,500円。

TOEICの受験料は割引なしで税込5,725円、となっています。

 

テスト内容

出題セクションと内容は、

1. 語彙の知識 16問

2. 表現の知識 16問

3. リスニング(大意把握) 17問

4. ディクテーション(書取り)11問

となっています。

 

1~3は四つの選択肢から正しいと思うものを選ぶ四肢択一、

4はリスニングをして、しゃべられた文に含まれる単語を書く方式です。

 

全部でたったの60問。

TOEICと比べると、約1/4です。

 

出題が進むと、本当にだんだん難しくなってきて答えられなくなるので、

すごいなと思いました。

 

あと、リスニングでおもしろいのは

難しくなると英語が聞き取りにくくなること。

早口になったり、なまったり、実用的です。

 

英語を話す人はネイティブだけではないですし、

日本語と同じで、地方によって方言やなまりが必ずあります。

早口で話す人もたくさんいます。

 

なので、綺麗で分かりやすい英語が聞き取れるからリスニング能力が高い、とは言いきれないかも? と納得しました。

 

メリット

受験しやすい・結果がすぐ出る

CASECはオンラインで受験するため、

インターネットに接続できる環境であれば

24時間いつでも好きな場所で試験を受けることができます。

 

CASEC推奨環境かチェックするページは

コチラ → CASEC 環境チェック

 

私のように自宅のパソコンで受験するだけでなく、

集中できさえすれば出先の空き時間でも可能そうですね。

 

深夜早朝など時間も気にしなくていいので、

生活スタイルに合わせて自然体で受験ができます。

 

なるべくストレスが少ないCASECのような受け方ができると

本来の力をはかりやすいんじゃないかな、と個人的に思います。

 

コンピュータを利用したテスト方法なので、

結果即時に表示され

ネット上でいつでも見返したり印刷することができるのも嬉しいですね。

すぐ結果が分かれば、急に英語力の証明が必要になった時も安心です。

 

試験時間が短い

CASECのテスト時間は、他社の英語テスト(120分)の約半分とのこと。

 

何故「約」なのかと言うと、

個人の能力に合わせテスト問題を変化させ

制限時間内に答える方式なので

状況によって必要な時間が少し違ってくるからです。

 

私は分からない時は粘らないタイプのためか、30分程度で終わりました。

 

長い間集中し続けるのが難しい場合もあるでしょうし、

特に多忙な方にとっては

120分(2時間)空き時間を作るのと、その約半分(1時間)空き時間を作るのとでは

大きな違いがありますよね。

 

何故短時間でテストが終わるのか、

その理由は次の項目に書きます。

 

信頼できるテストシステム・基礎開発元

CASECは、

「テスト項目がどの程度のレベルの人なら答えられるか」というたくさんのデータを持っていて、

実際の試験では

解答が送信されるたび(1問ごと)に

試験を受けている人がどのくらいのレベルなのかを

その膨大なデータから推測、

次の問題はそこに近いレベルのテスト項目とするシステムになっているそう。

 

CASECがどういうシステムか説明する

IRT(項目応答理論)に基づき、CAT(コンピュータ適応型テスト)を利用した絶対評価英語能力判定

という難しい文章は、そういう意味です。

 

コンピュータテストと聞くと、

問題がランダムに出てくるイメージがあるかもしれませんが、

これだと明らかにその人には無理なレベルの問題を何度も解かせたり、

逆に明らかに解けるレベルの問題を何度も解かせることになってしまいます。

時間もかかりますし、非効率的ですよね。

 

それに、選択問題だと分からなくても勘で当ててしまうことがあります。

分からない問題を勘で何回も当ててしまったら、正確な結果は出るでしょうか?

 

CASECでは個人のレベルに合わせた出題がスムーズにできるよう工夫することで

効率的にテストを進めていくことができ、正確性も上がるというわけです。

 

ちなみに、TOEICやTOEFLには「ダミー問題」と言って採点されない問題があるという噂があります。

何故噂かというと、公式発表はされていないからです。

今後のテスト作成の参考や、

受験者がどのくらい問題を解けているか調べることで、難易度の正確性を確かめるためでは? と推測されています。

 

CASECは「品質維持・向上のため、各セクション1~2問ずつ採点されない問題もある」と明言しており、オープンな姿勢が安心できますね。

 

テストの基礎開発元が、英検(実用英語検定)を運営している 公益財団法人 日本英語検定協会 であることも安心できます。

 

 

証明書が発行される

日本語表記版・英語表記版 共にPDFファイルでダウンロードでき、

印刷して使うこともできます。

 

正式名称が「履歴書添付用スコアレポート」というだけあり、

履歴書に使うことを考えられているのが嬉しいですね。

 

このように、

英検・TOEICに置き換えるとどのくらいかまで記載してもらえて

便利です。

履歴書添付用スコアレポート1

 

具体的にどのようなレベルなのかも記載されており、

誰かに見せる時に分かりやすくなっています。

履歴書添付用スコアレポート2

 

レポートがとても詳しい・分かりやすい


レポートは約4枚分もらえ、日本語表記版・英語表記版があります。

とても詳しく分かりやすいので、自分の英語がどこでどのくらい通用するのか実感しやすいと思います。

 

試験結果

  前述の証明書にも記載される習熟度

  セクションごとのレベル解説

  他試験における目安

  英検の級位ごとの合格可能性

  他の受験者との比較

  学習アドバイス

 

を知ることができます。

 

セクション別解説

セクションごとのレベル解説

 

アドバイス

学習アドバイス

 

上の2点を見て、

私は語彙や表現力が弱く、

リスニングはそれに比べてできて大体の意味を理解できる

けれど、難しくなると詳しいことまでは分からない

という感じかなと思いました。

 

アドバイスを見てから、英語のニュースサイトを毎日読んでいます。

はじめの内は、分からない単語が多すぎて読むのに時間がかかっていましたが、

最近では辞書を一度も使わずに読める記事も出てきて、語彙が増えてきたなと実感しています。

 

今までも、興味のあるものなら英語の動画を見ることはありましたが、

そうでないものでも意識して見てみるようにしたりも。

 

英検の合格可能性は、表情と色でパッと見てすぐ分かるようになっています。

私の場合

他試験目安

 

英検2級を受けたかったのですが、

これを見る限り、この時点では合格の可能性は半々でしたね。

 

CAN-DO

こちらは、自分が英語を使ってどんなことができるのか、どんなことは難しいのかを具体的に知ることができるレポートです。

色がついていない文章が「できること」

黄色は「ある程度できること」

オレンジ色は「できないこと」

という想定で書かれていて、分かりやすいです。

 

セクション別と、場面別の2種類があります。

 

私の場合(下部は省略)

CAN-DO1

CAN-DO2

 

すごく詳しくないですか?

 

画像を拡大できない方のために1項目を簡単に文章におこしてみると

 

私は、学校生活の場面で

・自分が履修している科目について友人と意見交換をする際、相手の発言の内容を理解する
・学校の規則についての説明を聞き、もしくは読み、内容を理解する
ことができ、
・自分が履修予定の科目について、先生から口頭で長めの説明を聞き、内容を理解する

ことはある程度できると予測されますが、

・一般教養の講義を受け、概要を理解する

ことはできないだろう。

 

という感じです。

 

学校以外のシチュエーションは、ビジネス、公共、旅行(交通を含む)、娯楽。

海外に行くことを重視した時、場面別に具体例がイメージできて、便利な目安になりますね。

 

 

英検・TOEFL・TOEICだとどのくらいか分かる


さんざん前述しましたが、他の試験だとどのくらいの級位・スコアか分かるのも魅力的です。

WEBで見られるスコア

 

実際、TOEICを受ける前に実力を試してみる人が多いようですよ。

必要があるのにタイミングが合わずTOEICが受けられなくても、だいたいのスコアを人に伝えることができるのもいいですね。

 

また、日本国内では重視される傾向にあるTOEIC、

実は海外ではほとんど知名度がなかったりします(アジア圏をのぞく)

ですが、TOEFL(英語が母国語でない人だけが受けられる、国外での学習・移住などの際に使うスコアのひとつ)だと大体どのくらいかも分かるので、

海外へ出ることが主目的の場合でも安心ですね。

 

比較的安い

はじめのほうにも書きましたが、

CASECの受験費用は1回につき税込3,600円です。

 

単純に金額だけ見ると「他の試験より数千円安いだけでは」と思うかもしれませんが、

平均試験時間が40~50分という所要時間の短さも考えると、

かなり安いと言えます。

 

たとえば、TOEICは試験自体の所要時間が2時間です。

さらに、受付から試験用紙の回収まで含めると、合計で3時間半ほどかかります。

 

比べてみると安さが際立ちますね。

 

デメリット

不正防止が難しい


インターネット環境があればどこでもできるということは、

ひとりで誰にも見られずにテストを受けられるということ。

 

自分の実力を知りたいのにカンニングをする人は普通に考えるといないですが、やろうと思えばできてしまうのが現状だと思います。

替え玉受験もしようと思えばできるかもしれません。

(とても虚しいことですし、不正行為なのでやめましょう!)

 

また、人に見せることを考えると

自宅でパソコンで受けられる? それってカンニングしたんじゃないの?

なんて疑う人もいるかもしれません。

 

このあたりはCASECがどうこうというより、

自分という人間がどれだけ信頼されるか、なのかなと個人的には思っています。

 

認知度が低い

これは、誰かに見せることを考えた時に一番大きなデメリットではないかと思います。

知らないものに抵抗がある人もいるのが事実です。

 

ただ、公式サイトにある受験者数の推移データ・資料 | CASEC(キャセック)を見ても分かるとおり

だんだん知名度は上がってきています。

 

公式サイトに記載されている採用団体導入事例紹介 | CASEC(キャセック)も、学校から企業まで様々です。

今後どんどん知られていくと思うので、状況は変わってくるでしょう。

誰かに見せる時は、このあたりも含めて説明してみると親切かもしれませんね。

 

おわりに・まとめ

CASEC公式サイト → https://casec.evidus.com/

 

  CASECとは、オンライン受験できる英語コミュニケーション能力判定テスト。
  利便性、効率性、費用対効果などの面からメリットが多い
  認知度などの点がデメリットになり得る

 

こんな感じでしょうか。

 

個人的には、

自分のために自分の英語能力しっかり把握する、というところがメインで

誰かにそれを証明することもできる、というようにとらえています。

 

便利で役に立つサービスですし、私はまた利用しますよ!