あしあと。

重い話から軽い話まで 体験をもとにつづります

Twitterを従来デザインに戻したい時 2019年6月

\よかったらシェアしてください/

 

 

ツイッターのデザイン新旧どうしても切り替えたい

 

  この記事は、こんな方向け

  Twitterの2019年から始まった新デザインを旧デザインに切り替えたい
旧デザインのほうが好きな場合もありますよね。
  「従来のTwitterに切り替え」の項目がないけれど、元に戻したい
切り替えボタンが表示される場合とされない場合があるようです。

  急いでいる方は、目次から気になる項目に飛んでみてください。

 

まえがき

2019年1月頃から

ブラウザ版Twitterのユーザーインターフェース(UIとも。今回の場合はサイトのデザイン)が新しいデザインへ移行し始め、

2019年4月24日頃からその適用範囲が急速に広くなっていたようです。


↓アプリに近くなった新デザイン

Twitter2019年の新デザイン


インターネット上には切り替える方法についての記事もありますが、

すでに使えなくなった方法や、人によっては使えない方法も多いように思います。

たとえば、「/i/optout」

以前は使えたものの、今は使えないという報告が見受けられます。

どうしても旧デザインに変えたい、そんな時に試してみたい方法を2つ+αまとめました。

 

「従来のTwitterに切り替え」項目があったら

1. 左にある「もっと見る」の項目をクリック

「もっと見る」の項目

 

2. 「従来のTwitterに切り替え」項目があったらクリック

「従来のTwitterに切り替え」の項目

 

「従来のTwitterに切り替え」項目がなかったら

以前は切り替えページのURL(https://twitter.com/i/optout ←勝手にリンクしないようコロンを全角に変えています)をアドレスバーに直接入力しアクセスすることで、切り替えることができたようです。

 

人によっては使えなかったり、いずれ使えなくなってしまうと思いますが、

ブラウザを変える

というのがひとつの方法です。

 

何もしなくても旧デザインに戻ったり、

「従来のTwitterに切り替え」項目が復活したりすることがあるようです。

 

Edgeは、既に新デザインに移行済みだった私と同状況の他3名で確認済み。

オススメしませんが、IEでも可能でした。
(IEを勧めない理由→ そろそろIE、やめません?マイクロソフトが呼びかけ(Engadget 日本版) - Yahoo!ニュース

他のブラウザにも、旧デザイン表示になるものがあるかもしれません。 

 

↓Edgeからログインした時の様子

Twitter2018年頃従来デザイン

 

Twitterだけブラウザを変える、というのがアリならば

試してみてはどうでしょうか。

 

どうやらこのブログを書いている時点では、ブラウザやアカウントによってUIの様子が違うようなのです。

 Chrome: どのアカウントでも新クライアント。
 Firefox: アカウント毎に表示が異なる。アカウント1では新旧の切り替えができるがアカウント2では無条件に旧クライアント、アカウント3では切り替え可能だった。
 Opera: Firefoxに同じ。

Twitterの新デザインについて|三語樹々|note より引用

 

ちなみに、わたしが新デザインをChromeで使ってみている限りでは

キャッシュを削除すると次回ログイン時は旧デザインに戻ってしまいました。

なので、キャッシュを消去すると戻る可能性もあるのかもしれません。

 

↓Chromeでのキャッシクリア方法

キャッシュと Cookie の消去 - パソコン - Google アカウント ヘルプ

 

追記 19年7月

↓こういった方法もあるようです。

 

試してみたところ、ブラウザ関係なく従来デザインに戻すことができました。

しかし、従来デザインの画面でホームボタンを押すと、再び新デザインに戻ってしまいます。

不安定だな、と思いましたが、こちら方法のほうがいいなと思う方は試してみてください。

こちらもいずれ使えなくなる方法だと思います。

 

あとがき

いずれは全体的に新デザインが適用されるので、

従来デザインへの切り替えは一時的な方法でしかありません。

しかし、旧デザインが使える内はそちらを使いたい、という人が多く見受けられるのも事実なんですよね。

参考になれば幸いです。