あしあと。

重い話から軽い話まで 体験をもとにつづります

【1/3】パニック障害って何? - はじめに

\よかったらシェアしてください/

 

パニック障害の症状やつらさって?


この記事は全部で3ページです。

 

管理人の体験談を元に
たとえ話や雑学をまじえ、
パニック障害の症状やツラさについて書きます。


このページは 前書き・導入部 です。

---

  こんな方向け

 

  突然繰り返し起きる原因不明の体調不良に悩んでいる
 もしかしたらパニック障害?

  パニック障害の症状を詳しく/分かりやすく知りたい
 「パニック」の単語からイメージする症状とは違う?

  パニック障害のメカニズムが気になる
 2019/02/21 現在、有力説は脳の誤作動?

---

急いでいる方は、目次から気になる項目に飛んでみてください

 

・ まえがき(このページ)

パニック障害の症状

  1. パニック発作

    症状

    原因と例外

  2. 予期不安

  3. 広場恐怖

あとがき・まとめ

 

まえがき

私はパニック障害と診断され、治療を受けています。

ですが、症状が出てから心療内科へ行くまで約2年かかりました。

何故なら、体の病気と思い込んでいたからです。

内科、消化器科、循環器科など体の病院を転々……

そして治療開始が遅れ、診断を受ける頃には重症化していました。


失ったものは正直大きいです。


でも、

実は診断前からパニック障害の知識があったんです。

テレビ番組で、芸能人の体験談や再現VTRも見ていました。

なのに、自分がそうだとは思わなかったのです。


理由のひとつは、

パニック障害の症状が出る前から体調がおかしかった

ことだと思います。


この原因については、仕事や私生活のストレスだと自覚しています。


でも、

初めてパニック障害の症状が出たのは

転職し、私生活が落ち着いてからです。

しかし、ずっと続いていた体調不良が悪化したとばかり

その当時は考えていました。


パニック障害は、治療が早ければ早いほど克服が簡単な病気だと実感しています。

甘えでもわがままでもないと思います。


私のような人を増やしたくなくて、

まずはパニック障害について

知らない人にも想像してもらいやすいようにまとめられたらなと

このブログを書きました。

 

パニック障害の症状

パニック障害のツラさは、大きく3つに分けられると思います。


1. 発作<パニック発作


2. 発作がまた起こるのでは、という不安<予期不安


3. 行動範囲やできることが徐々に限られてくる<広場恐怖


それぞれ順番に掘り下げていこうと思います。

パニック発作は2ページ目、予期不安と広場恐怖は3ページ目です。

---

  続く